スタッフ日記

2015年4月 6日

「私が私にわかってほしい」

 今年は「私のことを私がもっとわかってあげよう」を目標にしたいなあ。と思っています。昨年の12月にあったワークショップで自分にとっての「安全性」について味わう時間がありました。その時の体験を話すと、阿部先生から「わかるについて」もやってみたらどうかな?と提案があり、早速、自分に質問しました。

「わかるとは自分にとってどんな意味でしょう?」「わかるは自分にとって大事ですか?それはなぜですか?」「いつ自分にとってわかるが大事でしょう?」等など。 
 
 紙と鉛筆を持って自分に質問をしてそれを答えていくうちに、突然「そうか!そうだったんだ!私は他の誰でもない、この私に私をわかってほしかったのだ!」と腹の底からこの思いがわき起こってきました。

 それを理解すると今度は「私は私に、私がかなしい気持ちがあることをわかってほしい。」と悲しい気持ちと共に言葉が湧いてきました。次に、またぽつんと「私は私に、私が怖がりなことを知ってほしい」と答えが返ってきました。「私は私に、私が人を求めていることをわかってほしい」「私が傷ついていることを…」「私が能力あることを…」「私がここに居ていいということを…」堰を切ったように次から次へと、涙と叫びのような感情が湧いてきて、夢中で手を動かしていました。そして「私が私のことをわかってほしいということを私にわかってほしい」と再び書いた後、「私は私に仲間がいるということをわかってほしい」と返ってきて「そうだった。私は一人ではないんだ」とまた実感して涙が出ました。

「わかる」ということの私の本当の願いは「私以外の誰かに、私をわかってもらうのではなく、私自身に私をわかってほしかったんだ」と心の底から命の泉が湧いてきたようでした。


はざまさゆこ(*^^*)

|

2015年4月 5日

お義母さんから教わったこと

激動の3月が過ぎて、ちょっと余裕ができ、義母の持ち物の整理をしているといろいろなことを思い出します。
 生前、義母に怒られたことがありませんでした。むしろ、私の方が「こうしてください」と口うるさい嫁だったように思います。

9年前からひょんなことから私たちの近くに住むようになった義母。
息子ともずいぶん離れて暮らしていたので、なかなか私たちとの生活に慣れなかったのではないかなって思います。

義母との思い出の一つに朝の散歩がありました。
健康維持に一緒に散歩していたのですが、ある時、ホテルの前を歩いていたら、義母が急に「モーニングを食べましょう!」って私たちを誘いました。

最初はビックリ!散歩なのにモーニング食べちゃうの?って
でも今、思うと楽しかったなあ。
破天荒なところもあるけれど、あの時間がすごく楽しかった。

当時、私の母にその事を話すと「それをずっと続けないでしょうね」と釘をさされてしまいました。
うちの母は常識人だけど、ちょっとつまらない人かも。
それに従う私もいたり…。
きっと今の私ならもっとお義母さんと楽しめただろうな。

はざまさゆこ(*^^*)

|

2012年6月14日

基礎Ⅱ講座

ひさしぶりの更新です。ご無沙汰しました。

今週の月曜日は抱っこ法の基礎2講座の2回目がありました。

基礎Ⅰの時と同じように、協会で開催するのとは思考を変えて、3回に分けて保育付きでやってみました。

今回は公開セッションもあり、親子の様子にみんなでほっこりな気持ちになりましたheart04

|

2012年2月15日

バレンタインデー

長野で活躍している小林さんの息子さんのSくんからお手紙付きで、
和く輪く舎のみんなにバレンタインデーのプレゼントが届きました。

リンゴのコンポート。

美味しかったです。お酒が利いていて、ほんのりいい気分。

Sくんsign01おいしかったよgood

ありがとうね。

Photo

はざまbud

|

2011年8月24日

夏休み

8月頭に夏休みを頂いて四国に行ってきました。蝉がたくさん鳴いてました。

四万十川をカヌーで下るはずでしたが、前日、上流でたくさんの雨が降ったためにダムが放水するので、中止になってしまいました。

が~んcrying

仕方がないので、朝、早く起きて「沈下橋を見にいこう」予定変更。Dvc00672_r

まだ、ダムからの水はここには来ていないので、きれいでした。

次の日の同じ所

2011_051_r

濁って水かさも上がっています。これじゃあカヌーは出来ないよね。

お昼過ぎた辺り、私たちのいるところまで水がやってきました。流れも速くなり、消防隊が川を見回って、川岸に降りてはいけませんと注意していました。

なので、私たちは黒尊川という支流で川遊びをすることにしました。

2011_036_r
(黒尊川)

とっても綺麗な川でした。深いところもあって泳げました。上流の方に車を走らせると

黒尊神社発見sign01

Dvc00654_r

ちょっと、写真ではわかりづらいですが、趣のある雰囲気のいい神社でした。

ちゃんとおいしいものを食べましたよ。天然鰻に川エビなどなど…。天然鰻は歯ごたえ抜群。養殖鰻を食べつけている私は、びっくりでした。養殖の方が好きだったりして…。

すみませんsweat01

はざま

|

2011年8月13日

ホームページリニューアル

9日は午後から半日かけてホームページの作業を頑張りました。

芳子さんがほとんどたたき台は作ってきてくれていたので、作業はスイスイ…のはずでしたが、ややこしいところもあって私の頭は思考が停止。

「頭が筋肉になってきたよ」
「眠くなってきた」
「頭が今度はこんにゃくになってきた」…

お勉強しているみたいで、座っているのがつらくなってきました。


「お茶、私が入れてきます」と逃げだそうとすると芳子さんが、「私が入れてくるから紗由ちゃんは続きやってて」

「がーん」脱出失敗sad

傍で見ていた阿部先生や鷲尾さんががクスクス笑っています。

「もうだめだ!」疲れちゃったので、お昼寝タイム。

何でこうも座っているのが苦手なんだろう?
まるで宿題をしている小学生のようだな。

そう思ったら、小学生の私にタイムスリップしたように思い出しました。

私は小学生の時、こうやって、今、芳子さんがしてくれているように、
ずっとお母さんが傍らに座って一緒に宿題を見ていてくれたのです。

楽しかったな。

じわじわ涙が出てきました。懐かしい思い出confident

tulip    tulip    tulip    tulip    tulip     tulip

そして、和く輪く舎のホームページは何とか形になってきましたよ。

泣いた後、みんなに「冴えているね」と誉められるようになりました。

「きっと、お母さんの思い出を思い出したからだよ」と言われました。

きっとそうだと思う。

もう一つ、私はそれが当たり前だったけど、みんなそうだとは限らないと初めて知りました。

だから字の練習とか好きなんだ。

この心地いい体験が筆談にも繋がっているのだと思って、またうれしくなりました。

ホームページの作業もはかどりましたが、自分のシアワセみつけの時間にもなりました。

温かい時間でした。芳子さん、お付き合いくださり、ありがとうございました。

皆さんも、完成したら、見に来てくださいね。

はざまchick

|

和く輪くだよりの発送

先日、和く輪くだよりの最後の発送作業が終わりました。もうお手元に届いているでしょうか?

メール便でお送りしているのですが、今回も10数部戻ってきました。引っ越された方もいらっしゃるのではないでしょうかね。郵便で、もう一度発送してみました。郵便は一年間は新しい住所に転送されるので、本当に親切ですよね。

読んで頂いた皆さん、ありがとうございました。happy01

これからは、ホームページ上にアップしますので、引き続き見てくださいね。


それじゃあ、ということで、和く輪く舎のホームページをリニューアルすることになりました。

ひぇー大変!!

アリーさんはパソコンに明るいのですが、私も、鷲尾さんも、秋山さんも全然ダメなんです。芳子さんは、ちょっと出来るんで凄いです。頼りになります。

鷲尾さんもパソコン教室に通って勉強しています。

私も行かないとダメかもしれないcoldsweats02


はざま

|

2011年7月 5日

母力

今年数えで100歳の私のおばあちゃん。最近は食事もあまり取らないし、寝てばかり。そんなおばあちゃんとそのおばあちゃんを世話している私の母の話です。

私の母は最近免許の書き換えで、教習所通いをしているらしい。免許を取ってからほとんど乗ったことがないので、大変なのだそうだ。教習所に行くと思うだけで、夜は寝れないし、お腹が痛くなって食欲がなくなると私に愚痴っていました。

その母が「でも昨日不思議なことがあったのよ」と言うのです。

教習所で上手くできないことをおばあちゃんの前で、「かあちゃん、もうできなくてつらいよ」言っていたら、涙が出てきて泣いてしまったんだそうです。そうしたらおばあちゃんまで泣きはじめたんだそうです。

「話がわかるんかい?」と言っても全然反応が無く、やっぱり気のせいね。と寝てしまったそうです。でも朝起きておばあちゃんの顔を見たら、涙の乾いた跡が残っていたんだと…

「母ちゃん聞いててくれてたんかい?ありがとうね」と言ったそうです。
涙ぐみながら私に聴かせてくれました。

「お母さん、100歳のおばあちゃんの介護はとても大変そうだけど、こんないいこともあるんだね」と私もなんだか泣けました。

はざま

|

2011年5月23日

赤ちゃん講座1回目

今日は3組の親子さんがいらしてくれました。下は6ヶ月から上は11ヶ月。かわいいお子さんが勢揃いです。お母さんとおむつ替えをしたり、おとなのお話に相づちを打ったり、『「お母さ大好き」といって泣いていました』とお隣のママが感想を言っていたら、「ぼくも~」とタイミング良く泣き出したり…。ひとりひとり、お母さんとすてきな時間を過ごしてました。花が咲いたようなきらきら顔が印象的でした。又2週間後会おうね。はざまgood

|

2011年5月11日

ミツバチの羽音と地球の回転

映画を観てきました。原発予定地の近くにある祝島のお話し。

自分の生活の場を守る為に30年も中国電力会社と戦ってきたおばあちゃんたちの深刻だけど、ユーモアを忘れない生き方に力強さを感じました。とても観やすくてわかりやすかったです。はざま

|

より以前の記事一覧