お知らせ

2011年5月11日

赤ちゃん講座・3回シリーズ

5月23日(月)、6月6日(月)、6月20日(月)の10時から赤ちゃん講座・3回シリーズを開催します。

お母さんと一緒にあたたかいふれあい遊び」「心がつながるちょこっと抱っこ」「目からうろこの子育てのお話」の毎回3本立て。

詳しくは和く輪く舎ホームページを観てくださいね。

赤ちゃん講座OB会も6月6日(月)の午後1時30分からやることになりました。丁度、1年前に参加してくれた人に声をかけました。みんな、どんなに大きくなったかな?

スタッフ一同楽しみにしています。happy01

|

2011年5月 9日

天心ホームページが完成しました

天心の会員用ホームページをリニューアルしました。昨年からコツコツ作業をしてやっと5月1日にできました。

IDやパスワードを使って入るのが一苦労。天心の案内人でもある鷲尾さんは今回も自宅のパソコンから入ることができないと嘆いていました。私もアドレスを入れるときに普通に入れると、自動的に半角空いている場所が2つくらいあって、「アドレスが間違っています」とか、出てきてしまって、なかなか入れず苦労しました。鷲尾さんは、パスワードか、IDのどちらかが間違っているのにどこが違うのかわからなくて、何回もチャレンジしていたら、セキュリティーがかかってしまったらしいです。不慣れだとそんなこともあるのですよね。

鷲尾さんが「機械が忘れた頃にまたやってみるわ」と言ったので、思わず「機械は忘れないよ」っと突っ込んでしまいましたsmile

会員の皆さん、入ってみてくださいね。よろしくお願いします。はざまclover

|

2010年7月27日

新刊紹介!

『0~1歳半 今日から赤ちゃんとお話ができる!
    やさしい ふれあい体話術
              お話ししながらおむつ替え』
                  (カンゼン・1365円)

「赤ちゃんはふつう思われている以上に、親の話や気持ちがわかるんですよ。そして、お母さんがそう思って赤ちゃんと付き合うなら、子育てがこんなにもすてきなものに変わる、そんな手立てがありますよ」とお伝えしている本です。

どんなときに、どんな働きかけをすると、赤ちゃんとの会話を楽しむことができるのか、実例でわかりやすく示しています。

これから赤ちゃんを迎えようとしている方、今赤ちゃんを育てている真っ最中の方、赤ちゃん時代はちょっと過ぎた月齢だけどの方にも、これからの子育ての大事なポイントに気づいていただけると思います。

ぜひ読んでね!

|

2010年4月25日

新刊のご案内

『我が子は自閉症?と思ったら
      ~抱っこ法による心のケア~』
  阿部秀雄・石塚美希子・小林夕香・高橋秀敏著 
  エスコアール出版部 1260円

「この本は、我が子が自閉症ではないかと心配になっている親のために、「抱っこ法という技法を使っておこなう心のケア」と、「自己表現の不自由さを乗り越えるケア」とが、大きな可能性を持っていることをお伝えしようとするものです。
**前書きから**

よく、「障がいがあるかどうかはまだ何とも言えないから、もうしばらく様子を見ましょうと言われました」という話しを聞くことがあります。でも、様子を見るいっても、手をこまねいて何もせずに待つことはありません。障がいがあろうなかろうと、その見極めがつこうとつくまいと、先ずは心のケアと取り組んだらいいのです。
**本文から***

実際に発売されるのは5月5日だそうですが、著者のところにはもう届きました。早く読みたい方は和く輪く舎にありますので、スタッフからお買い求めくださいね。送ってほしい方は送料(290円)がかかります。

|

2010年2月25日

キャンセルがお一人でました

今度の土曜日(2月27日)に開催される、癒しの子育て体験会
 『私って、ダメ』なお母さん、集まれ!ふたたび』
ですが、定員いっぱいをなっていたところ、キャンセルがお一人でました。参加を希望され問い合をいただいていた方、もうダメだとあきらめていた方、これからでもお出かけになる準備が大丈夫でしたらご連絡をくださいね。

|

2009年10月20日

12/5午前「抱っこ体験会」を開催します

しあわせ子育て入門のお知らせ

   母と子のきずな探し
                子育てに自信がつく「おむつがえ」
                赤ちゃんのお世話から始まる大切なコミュニケーション第3弾

 日一日と成長する我が子。寝返りをうてるようになったり、ハイハイできるようになったり、つかまり立ちからの一歩なんて感動的! 

 でも一方で、寝ているだけの赤ちゃんが動き回りだした途端に、ちっともじっとしていてくれなくて、おむつがえが難しくなってしまったということはありませんか。また、おむつがえだけに限らず、自己主張するようになった我が子をどう扱ったらいいのか…。

 今回は、和く輪く舎のスタッフも制作に参加した、出版ほやほやの『いい子に育つ!6000回のおむつがえ』(主婦の友社刊)を教材に、実地で学んでいただこうと思います。話を聞いたり、本を読んで頭でわかったことを、体験会で実感できたら、もっと素敵な子育てに役立ちますよ。

 誰も教えてくれなかった赤ちゃんから幼児へと成長しようとする我が子とのやりとりのコツを、おむつがえを通してお伝えしていきます。

 毎日の面倒なおむつがえが、実は親子の楽しい遊びでもあり、大切なしつけでもあり、子どもの向上心を育むチャンスでもあるとしたら…。そのコツがわかれば、子育ての自信もつきそうですよね!

 この時間はお子さんとゆっくり関わっていただきたいので、兄弟姉妹がいらっしゃる場合はお留守番をお願いしてください。当日は動きやすい服装でお越しください。お子さんの着替えやおむつ、飲み物、汗ふきタオルもお忘れ無く。

【日 時】2009年12月5日(土) 午前10時~12時
 (15分前から受け付けていますので、時間通りに始められるようにご協力お願いします)

【会 場】相談室和く輪く舎(錦糸町駅から徒歩5分)

【定 員】6ヶ月から2歳未満のお子さんを対象に12組

【参加費】参加費5000円+教材費950円

【申し込み・問い合わせ】和く輪く舎      
  〒130-0022  東京都墨田区江東橋4-29-11  藤崎ビル8階
   電話/FAX  03-5624-3229
   Eメ-ル happyhug@nifty.com

 参加してみようと思われたら、親の名前・子の名前と月齢・〒住所と電話番号・日常のお子さんとのやりとりのようすや、お子さんのことで気になること、などを書いて申し込んでください。定員になりしだい締め切らせていただきますので、お早めにどうぞ!

 申し込みを受けましたら、折り返しお受けできるか否かをお返事します。申込み可能でしたら、下記の郵便振替口座に参加費を振り込んでください(通信欄に「抱っこ体験会参加費」と明記してください)。入金が確認できたところで正式受理になり、受理書(地図)をお送りします。

 今回教材とする『いい子に育つ!6000回のおむつがえ』の本は、事前に読んでおいていただきたいので、受理書と共にお送りします。その場合の送料は無料です。すでにお持ちの方は教材費は不要ですから、その旨お申し出での上、参加費のみをご送金くださいね。

【振込先】 口座番号 00110-2-13907
      加入者名 癒しの子育てネットワーク

| | トラックバック (0)

12/5午後「癒しの子育て体験会」を開催します

しあわせ子育てを学ぼう!

   母と子のきずな探し
                            癒しの子育て体験会
                                         
            『私って、ダメ』なお母さん、集まれ!
                                          
 日々の暮らしの中で、「私ってダメだなあ」と思うことはありませんか?
 優しいお母さんになりたいのに、実際は怒ってばかり。何でもてきぱきこなしてはつらつとしていたいのに、うまくいかないし、いつも疲れてイライラしているのが現実。子育てをしていると特に、自分のダメさ加減を味わうことが多いかもしれません。たとえば、こんな「ダメ」にはまっていませんか?

  イライラして怒ってしまうのはダメ…
  いつまでもくよくよするのはダメ…
  子どもの相手をちゃんとできないのはダメ…
  家事をきちんとこなせないのはダメ…
  人と上手くつきあえないからダメ…

  自分を振り返ることは大切だけど、いつもいつも「ダメ」だと思い続けていたとしたらとても苦しいし、苦しい気持ちのままでは、周りの人とのやりとりがうまくいかないこともあります。

  でもだからといって、「ダメ」と思わないようにしようなんて考えないで下さいね。「ダメ」と思うのもちゃんと理由があってのことですから、取り除こうとするとますます難しいのです。それではいったいどうしたらいいのでしょう?

  この体験会では『「ダメ」と思う気持ち』とのつきあい方を、一緒に考えて行きます。そんな気持ちとなじみのある方は、是非いらして下さいね。

  この時間は、お話や体験に集中したいので、お子さんにはお留守番をお願いしてくださいね。また、ズボンなど動きやすい服装でご参加下さい。参加申し込みをされる方は、必要事項を書いてお申し込み下さい。

【日時】2009年12月5日(土)午後1時半~3時半
  (15分前から受け付けますので、時間通りに始められるようにご協力お願いします)

【会場】相談室和く輪く舎(錦糸町駅から徒歩5分)

【定員】12人

【参加費】5000円

【申し込み・お問い合わせ】和く輪く舎
  〒130-0022東京都墨田区江東橋4-29-11 藤崎ビル8階
  電話・FAX 03-5624-3229
  Eメール happyhug@nifty.com

 参加してみようと思われたら、親の名前・子の名前と月齢・〒住所と電話番号・あなたのはまっている「私はダメ!」(イライラしてばかりだからダメ、子ども上手く遊べないからダメ、人付き合いが上手くできないからダメ…などなどの私のダメを教えてください)等を書いて申し込んでください。

 申し込みを受けましたら、折り返しお受けできるか否かをお返事します。申込み可能でしたら、下記の郵便振替口座に参加費を振り込んでください(通信欄に「癒しの子育て体験会参加費」と明記してください)。入金が確認できたところで正式受理になり、受理書(地図)をお送りします。

【振込先】 口座番号 00110-2-13907
      加入者名 癒しの子育てネットワーク

| | トラックバック (0)

2009年8月 3日

『いい子に育つ!6000回のおむつがえ』が出版されました

『いい子に育つ!6000回のおむつがえ』
 子育てを一から見直すプロジェクト著
 主婦の友社

おむつがえは面倒な仕事。毎日7回ずつ替えるとして、一年間で2555回。2歳過ぎに卒業するとしても、合計6000回かえなければならない計算です。ちょっと気が遠くなりそう? でも、ただ面倒な作業と考えて、おもちゃでごまかしながら手早くすませてしまうのはもったいない! おむつがえは、「赤ちゃんの心とふれあう絶好のチャンス!」だからです。この本に書かれている「体を使ったコミュニケーション」に慣れていけば……、
★「赤ちゃんはママの言うことを理解している」ということが発見できます。
★「赤ちゃんはママの育児に協力しようとしている」ということがわかります。
★赤ちゃんの学習や成長を促す効果もあるので、トイレの自立や、大きくなってからのしつけが楽になります。

おむつがえで、「赤ちゃんとの気持ちの交流」の楽しさを知れば、育児の孤立感はグンと減ってくるはず。自然に育児のコツが身につき、赤ちゃんとの生活が楽しくなってきます。

この本で紹介している考え方は、アメリカで魅力的な教育法を伝えてきた、マグダ・ガーバーさんが勧めるおむつがえの方法がもとになっています。そこに、私たち「子育てプロジェクト」のメンバーが、長年蓄積してきたノウハウや経験を加え、日本の実情にあった形に進化させました。

このやり方を、30名を越えるお母さん、保育士さん、母乳育児援助者に実際に試してもらったところ、「育児が変わった」「赤ちゃんとのコミュニケーションが楽しくなった」など、大きな反響がありました。

6000回のおむつがえ、ということは、楽しい育児のコツを発見するチャンスも6000回、ということですね。(『いい子に育つ!6000回のおむつがえ』の「はじめに」から)

和く輪く舎に在庫がありますよ~。

| | トラックバック (0)

2009年7月26日

保育士さんたちの抱っこ法の講演会

昨日7月25日に、千葉県君津地区で、保育士さんたちのための講演会にまねかれて、阿部が行って来ました。暑い中、230名くらいの参加があり、「気がかりの子どもの見方、育て方」をお伝えしてきました。

日々の保育の現場で、ちょっとした子どもの気がかりから、その子の本音が分かり、付き合ってもらえたら、子どもはどんなに助かることでしょう。そして保育士さんたちも、楽しい関わりになることでしょう。

少し前にある園長さんが、抱っこ法を学んでから、子どもの見方が変わった。ある日、とても落ち着きない子どもがいたので、何かきっと心にモヤモヤがあるのだろうと、そっと抱きしめていたら、初めは体が硬かったのがふっと柔らかくなって、そして「遊んでくる」と飛び出していって、元気に遊び出した。それからは落ち着いて過ごしていた。以前はそんなお子さんは困った子として見ていて、その子の心の中は見えなかった。という話しをしてくださいました。

子どもの本来の姿・見せかけの姿http://homepage2.nifty.com/happyhug/honraimisekake/honraimisekake.htm#honmonomisekake

も参考にしてくださいね。

| | トラックバック (0)

2009年6月28日

もうすぐ「赤ちゃん講座」

7月4日(土)10時~正午は「赤ちゃん講座」。

担当のスタッフが打ち合わせを重ねて準備をしています。こんどはどんな話が聞けるか、楽しみにしていてくださいね。

参加しようか迷っている方は、今からでも大丈夫。今すぐに申し込みを!

| | トラックバック (0)