« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 8日

11/12(水)は抱っこサロン赤ちゃん組

11/12(水)は抱っこサロン赤ちゃん組です。
まだ枠が有りますので、お申し込みお待ちしています。
愛着が育まれる今、知っていると子育てが楽になることがいっぱいあります。
自己主張の練習、だだこねが始まる前にぜひ体験してみてくださいね。
はざまさゆこ

|

2014年11月 7日

風邪をひいて思うこと

今日は立冬です。
今日は暖かかったけれど、寒いときは寒いですね。
先々週は私も風邪を引いてしまいました。風邪が流行ってる場所に行った時、これからの予定を考えると「絶対にひきたくない」という考えが過り、あたふた(^^;)(;^^)してしまいました。そしてやっぱりひいてしまいました。
 
一日中布団の中にいてただ、ただ、ひたすら寝てました。疲れてたのですね。ちゃんと、自分の身体の声も聞いてあげないとと思い返しました。
 
風邪は夏にクーラーや冷たいものを食べて冷えた体を冬耐えられるように、熱を出して冷えをとり、食欲をなくして消化器官を休ませたりしながら、バランスをとっているらしい。
私たちが持っている自己治癒力ってスゴいなと思いました。
 
私は、寝込むときに思い出すエピソードがひとつあります。
私が4才の時、弟が入院しなくてはならなくなったので、1ヶ月間、ひとりで母の実家にいかなくてはならなくなりました。私はその期間、寂しい気持ちを抱えたまま、泣き言も言わずに過ごしました。
祖母やその時独身だった叔父は私が寂しいだろうっていろいろ気を使ってくれたのですが、甘え下手の私は甘えられなかったんですよね。むしろ、どこにでもあるような嫁姑問題に自ら巻き込まれて、「祖母を守らなくては」何て思って頑張っていた勝ち気な女の子でした。
 
でも、やっぱり、4才の子は4才でした。
お母さんのところに帰ったとたん、40度の熱が出て、翌日、通い付けの小児科に行ったら、先生に「なにか最近、ストレスなことありませんでしたか?」と母は聞かれてました。
 
もちろん母は、「ありました、ありました」と言って私が頑張ってたことに気がついたのでした。
たぶん、それからしばらくは甘えたと思うのですが、記憶がありません。
病院にいくまでは、すごく鮮明に覚えているのですが、後は忘れてしまいました。ほっとしたのかな?
甘えたと思うのですが、肝心な「寂しかった」という気持ちは言えずに過ぎてしまったと思います。勝ち気で素直じゃないけど、一生懸命だった小さい頃の私。
 
これが熱が出て、寝込むと思い出すエピソード。けなげだった私も一緒にお布団の中に入ってぬくぬくしてあげます。
 
せっかく、熱も出て寂しいかった気持ちを伝えるチャンスを逃してしまった4才の私に、「バカだねえ。もったいないことしたねぇ」と言いたくなったりするけれど。
 
その時の私は、今のように寂しい気持ちを寂しいままに伝えてもいいんだって、甘え方を知らなかっただけなんですよね。
 
私みたいに損してる子、たくさんいるんじゃないかな。だから伝えたいです。
意地らしいけど、もっとお母さんを信頼していいよ。そして、自分の感覚も信頼していいよってね。
 
この時期はお子さんが風邪をひいたり、ご自分が寝込んだりしてキャンセルになる親子さんがいますが、わざわざ、和く輪く舎に来なくても親子で繋がるチャンスですよ!「まったり、のんびり」して心と身体のリフレッシュできるチャンスですよ。と応援したくなっちゃいます。皆さんご自愛くださいね。
 
はざまさゆこ

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »